Art Site Horikawa-II

徒然なる思いも含め書く事を積み上げ、アートの発想、構想力を鍛える。

石到着の連絡

 


東京のHさんに送った石が11時20分頃についたとのメールが届きました。一方、自分宛に送った石はまだ届きません。この地域の通常郵便の配達は午後4時過ぎです。その日常にあたらめて気づかされました。とりあえず、一つのメールアート作品が成立したということです。

f:id:niigata-art226:20190722132934j:plain

 16時20分に自分宛の石が届きました。f:id:niigata-art226:20190722171006j:plain

「石を送るメールアート」の50周年

今日は7月21日です。1969年のアポロ11号の月面探査(月の石採取活動等、アメリカでは7月20日)に因む私の「石を送るメールアート」の50周年記念日です。50年前に私は美術の授業の一環として十日町市中条中の生徒と学校近くの信濃川で無数の石の中から300gの石を探し出し採取するという体験学習をしました。そこで自らも石を採取し、その日のうちに合計11個の石をメールアート仕立て11名に送りました。ちなみに一個の送料は120円でした。
最初の写真は友人のGUNのリーダー格の前山忠さんに送った石の姿です。そしてアポロ計画が終わり、私の「因むアート」も終わりを迎えました。その後30年を経て再評価される機会がありました。それを契機に2000年から基本的に再開してきました。2枚目は今年の1月1日にNYでの「荒野のラジカリズム展」へ向けて送ったものです。
今回は50周年ということで国内3名にプラス自分、米国2名の6名宛に送りました。そのことをこのfbを通して報告させていただきます。
なおこの度の石の採取は七夕伝説に関わらせ7月7日に50年前と同じ河原で行いました。このアート、いつまで続けるかはわかりません。未来は全くわかりません。郵便局に石と荷札を持ち込んで郵送料を払うまでが私のミッションです。このミッションを何度も遂行することで手際は良くなりました。またステンレスの針金を使い「地球の石」などの時宜に関わるメッセージを付け加えるなど、アートとしての見た目をそれなりに意識するようになりました。約2週間前から本日のミッションを果たすために準備をしてきました。3時過ぎに郵便局で送付の手続きをしてきました。あとは無事相手に届くことを祈るのみです。

f:id:niigata-art226:20190721163310j:plain

滅びゆくメディア−2

 


1980年代初頭、ビデオはSONYの発明したβ方式が席巻していて、私もそれを採用していました。しばらくしてVHSが出てきて、βは敗北し廃れていきました。

その流れに逆らえず、私もVHSに乗り換えて、97年には希少なβの機器を改めて購入したりしていくつかの自家製ライブラリーをβからVHSへデーター変換を行ってもいましたが、大半はβのままで押入れの中。再生されることのないライブラリーはもう40年近く経ちました。本日、突如決断しβのテープ150本くらいを燃やせないゴミに出しました。どうしても捨てることのできないものが10本くらいありました。とりあえず、その10本と家族の記録関係は残しておきました。

本日をβで記録していた時代との本当のお別れの日としておきます。

f:id:niigata-art226:20190720091129j:plain

βさんさようなら。

f:id:niigata-art226:20190720091159j:plain
 

 

アポロ11号記念日

来たる21日はアポロ11号月面到着、探査の50周年記念日です。その日は私の「石を送るメールアート」が生成して50年目の記念日でもあります。

今月に入ってから、そのメモリアルデーにしかるべき受け取り相手に「石を送るメールアート」を送ろうと取り組んできています。

今日は石の荷造り(石で針金を結わえる)と荷札づくり。4時半過ぎに一番近い郵便局で一つ一つの重さを計測し料金に合わせて切手を購入するなどで1日が過ぎました。

今回は米国へ2個、国内4個(その内1個は自分宛て)送ることにしました。

21日は日曜日なので郵便局の本局へ行ってスタンプを押してもらいます。

写真は50年前の作品の一つ。前山忠さん宛てに送ったものでその年に当時の守門村の写真家から撮影したいただいたものです。

写真に記されている517420は月に到着した時間です。

115620は船長が月に降り立って人類初の足跡を記した時間です。

f:id:niigata-art226:20190719175943j:plain

21日に向けてアートに取り組んでいたら親戚から21日から賞味期間が始まるメロンが送られてきました。石を送るミッションが無事終了したらいただくことにします。

f:id:niigata-art226:20190719180022j:plain

 本日はこれにて。

 

滅び行くメディア

1970年から10年間くらいの間、美術指導の記録を残すため、また実践発表のプレゼンとして主にスライドを用いました。もう40年以上前のものですが、一枚一枚ごとに思い出が蘇リマス。しかし、それらはもう活用される予定はありません。本日、思い切って処分を始めましたが、見てしまうとまだ捨てられないものも多く、半分くらい残して終わりました。本日は廃棄する教材系のスライドの最後の姿です。

 

f:id:niigata-art226:20190717154911j:plain

 

NY報告会

NYへ招かれて4月以上経ち、色々とプレゼンなどの準備も整い、市民プラザで報告会をすることになりました。関心のある方お集まりください。

 

荒野のラディカリズム グローバル60年代日本の現代美術家たち報告会のご案内

 

雪のイメージを変えるイベント/GUN/1970

 f:id:niigata-art226:20190328014208j:plain

展示風景 反戦旗/前山忠/1971                 

f:id:niigata-art226:20190321011315j:plain

 

石を送るメールアート/堀川紀夫/1969/2019

f:id:niigata-art226:20190323004931j:plain

 

「荒野のラディカリズム」展は、NYのジャパン・ソサエティで開催(3/8~6/9)

1960~70年代の松澤宥、The Play、GUNの作品が300点以上展示されました。

≪報告 プレゼン画像250枚以上≫

◆ 同展の概要と展示作品の紹介

◆ NY・アートシーン/アンディ・ウォホール展(ホイットニー美術館)/荒川修作展/植松奎二展/DIA・Beacon&チェルシーほか

 

■日 時  728日(日)13:30~15:30


■会 場  市民プラザ・第4会議室(30 名まで、当日受付可)

■報告者  堀川紀夫、前山忠

■参加費  500円(会場費&資料代として)

■申し込み&連絡先   521-2725(堀川)   532-2218(前山)

7本目の胡瓜

今年、胡瓜を3本植えました。かなり順調に育っていたのですが、またもやうどんこ病。消毒したりして2本は実をつけてくれました。本日収穫の写真の実は7本目です。早速朝食で食しました。大変美味でした。

野菜の栽培は簡単ではありません。いつか、どこかの農家で研修してみたいと思います。なんちゃって。

 

f:id:niigata-art226:20190715084134j:plain

 

アート・ドライブ


自宅 北陸道 新潟西 NSJ美術館(メロンパス展) ギャラリーHAFU(グループ展) 北陸道 柏崎インター R253 松代 松之山 ギャラリー湯山(関根哲男展) R252 自宅 走行距離 354km

 

メロンパスさんは、グルグルハウス高柳で知り合いました。私とは、ちょうど40歳の年齢差があります。

新潟日報に紹介されていました。

f:id:niigata-art226:20190714131826j:plain

グルグルハウス高柳でレジデンスされて3年間に描かれた作品群の発表です。コミック世代の感性がストレートに表されて、見応えあります。最近の作例に滴り落ちるようなオートマティズムの絵画効果が活かされていました。スーパーフラット的なコミックのデザイン性と合わせて、個性的な追究を深めてほしいと感じました。

f:id:niigata-art226:20190714091956j:plain

f:id:niigata-art226:20190714091959j:plain

会場の入り口近くにあったコメントです。理解できないカタカナ言葉がありますが色々と考えさせられました。

f:id:niigata-art226:20190714092849j:plain

 

ギヤラリーHAFUでは高校時代に教育実習に来られた先輩のMさんやIさんらの作品を見ることができ懐旧の思いひとしおでした。一日置きに透析をされているというKさんの鉛筆点描の心象絵画は秀作でした。公的機関で買い上げて残すべきものと思われました。

f:id:niigata-art226:20190714101729j:plain

 

f:id:niigata-art226:20190714101710j:plain

2019年7月14日(日)10:00〜16:00
2019年7月15日(月)10:00〜16:00
2019年7月20日(土)10:00〜16:00
2019年7月21日(日)10:00〜16:00
2019年7月27日(土)10:00〜16:00
2019年7月28日(日)10:00〜16:00
2019年8月3日(土)10:00〜16:00
2019年8月4日(日)10:00〜16:00
2019年8月10日(土)10:00〜16:00
2019年8月11日(日)10:00〜16:00
2019年8月12日(月)10:00〜16:00
2019年8月13日(火)10:00〜16:00
2019年8月14日(水)10:00〜16:00
2019年8月15日(木)10:00〜16:00
2019年8月16日(金)10:00〜16:00
2019年8月17日(土)10:00〜16:00
2019年8月18日(日)10:00〜16:00
2019年8月24日(土)10:00〜16:00
2019年8月25日(日)10:00〜16:00
土日祝のみ開館、8/10~18は連日開館

場所

ギャラリー湯山
十日町市松之山湯山446)

料金

300円
小中学生150円

 ギヤラリー湯山 関根哲男さんです。先月に見附の今井美術での個展が終わったばかりです。今回は赤い褌をつけた雪妖怪が150点乱舞していました。制作量のすごさにはいつも脱帽してしまいます。今作は今までの木偶や時代劇キャラより自由自在の広がりがあり継続的に追究できるように直感。関根さんが原生的感性を爆発させる豪速球型の「ドーダ主義」的なあり方から成熟に向かうのではないかと思われました。

f:id:niigata-art226:20190714092802j:plain

f:id:niigata-art226:20190714092818j:plain

f:id:niigata-art226:20190714092847j:plain

 

 

もどきアート

牧区の棚広新田にフレームアートが設置されたという新聞を見て行ってきました。

場所は自宅から20kmくらいの東側の里山地域です。

棚広新田から山越えで高尾へのルートの頂上付近に設置してありました。近くに駐車スペースもありました。

f:id:niigata-art226:20190713081833j:plain

横幅180cmくらいありました。私が写っているのはワイフの撮影です。

f:id:niigata-art226:20190713081753j:plain

自宅からモナリザサイズのフレームを持って行って、作品を取り込みました。

f:id:niigata-art226:20190713081804j:plain

こんな楽しみ方があります、という例です。誰にでもできます。

f:id:niigata-art226:20190713081814j:plain

f:id:niigata-art226:20190713081822j:plain

フレームは数カ所に設置されたと記載されていましたが、今回は一箇所しか見つけられませんでした。もう少し良い天気の時にもう一度行ってきます。

 

Tensegrityの追究

TensegrityのBar3本から様々な種類を作れるようになってきています。しかし、その制作過程を的確な言葉で説明するのは難しいです。

 

最初、3本タイプは一種類だけと思っていましたがその後2種類目を見つけました。そして、最初のタイプの変種と言える3種類目も見つかりました。3次元の中で立体空間を構築する基本的要素は縦、横、高さというx.y.z軸に沿って3以上あります。その3つの関係を線状の言葉で説明するのは本当に煩わしいです。

 

Bar_3 長さは10cm。市販の輪ゴム。

f:id:niigata-art226:20190712093915j:plain

Bar2本を対角線にして長方形を作ります。

f:id:niigata-art226:20190712093927j:plain

 

同じ方法で一本を共有にして長方形をつなぎます。

f:id:niigata-art226:20190712093936j:plain

図の黒に黒輪ゴムをかけ赤Barの頂点上と下につなぎます。

f:id:niigata-art226:20190712093946j:plain

内側に頂点を共有する4面体が二つできています。

f:id:niigata-art226:20190712093956j:plain

左は八面体、真ん中は内側に4面体2つできるタイプ。この2つは頂点から4本の引っ張りが出ています。輪ゴムを利用するので必然的にそのようになります。この内側の4面体の部分を取り払うと右の形になります。右はかなり前に見つけた方式でスパイラル型と呼んでいます。各頂点から3方向に引っ張っています。作り方をマスターしたのは左、右、中の順です。

f:id:niigata-art226:20190712094013j:plain

f:id:niigata-art226:20190712094021j:plain

Bar_4になると次のようになります。4つのタイプを見つけています。左3つは輪ゴムを利用しています。右は直線のゴムを使っています。

f:id:niigata-art226:20190712095650j:plain

作るだけから作ることの一般化へ向けています。道のりは険しいものではありませんが細かくて煩わしいです。

本日はこれにて。


 








 

栗の花の後始末

栗の花は薄黄色で棒状の猫じゃらしのようです。形容しがたい形です。咲いて特異な匂いを撒き散らし、しばらくして実を結ぶと茶色になって落ちます。屋根の上に枝が伸びているので当然のこと屋根の上に落ちてたくさん散らばってしまいます。

今年もそのために屋根の掃除をしました。屋根の上の作業は危険が伴うので、できるだけの注意を払うようにしています。

この栗の木のこと、まだ元気いっぱいなのですが始末に負えなくなってきていますので数年以内に伐採しなければなりません。

f:id:niigata-art226:20190711085031j:plain

f:id:niigata-art226:20190711085057j:plain

 

これは甘柿、今年は実が少ない年です。収穫までの過程を時々観察してブログのネタにでもしようと思います。歳々年々柿相似ですが。

f:id:niigata-art226:20190711085014j:plain


 

緑一色

Tree Projectの柿の木が250cmくらいに伸び、まさに緑一色の感じで3時過ぎの陽光に映えていました。

f:id:niigata-art226:20190710181053j:plain

f:id:niigata-art226:20190710181051j:plain

今日は青空でした。暑い日でした。この強い日差しと暑さを喜んでいるのは植物たちです。人間の皆さん、暑さに負けず、夏を有意義に過ごしましょう。

The Shinano River Plan-12 資料

1969年11月20日に郵送したメールアート「The Shinano River Plan-12」関係の展示のあゆみ。

1999 年の年末にTomii Reikoさんが調査に来られる。

 

2001年Tate ModernのCentury Cityでの展示。キューレターはTomii Reikoさん。石の実物は6個展示でそのうちの1個は12号関連で、新しく2個送りました。

f:id:niigata-art226:20190709161459j:plain

「幻触」と石子順造 1966ー1971   2014.2.1~3.23  静岡県立美術館にて キューレターは川谷承子さん。石の実物展示はありませんでした。

f:id:niigata-art226:20190709161503j:plain

 

 2019年3.8〜6.9 荒野のラジカリズム展 NY  Japan SocietyにてキューレターはTomii ReikoとKamiya Yukieさん。石の実物は6個。その内に12号関連は一個。新しく一個送りました。

f:id:niigata-art226:20190709163214j:plain

掲載したこれらの写真を貼ったものと手書きのデーターカードは都合3回美術館での展覧会で展示されたことになります。

この12号関連では石を2つに切断して半分を12人に送り、一番大きなものの半分だけを残しその他11個の半分を採取元の信濃川に返すという手の込んだことを行いました。考えてみればわざわざ切断した半分を信濃川のリサーチ不能な位置に投げ返すためにお金を使ったというわけです。今、50年前のことを振り返って、メールアートという孤独で突飛なアート行為の過程で自分だけが知りうる送り側の物語を作ろうとしたものと思っています。

 

義兄よりの野菜

中元の品を義兄宅に届けに行って、家庭菜園で育てたキュウリ、インゲン、玉ねぎを頂いてきました。右のキュウリのサイズは30cm。義兄は野菜作りの名人でありがたい限りです。大きなキュウリは煮物にして食します。本日はこれ一枚にて。

f:id:niigata-art226:20190708172542j:plain